5病棟(医療観察法)このページを印刷する - 5病棟(医療観察法)

1-2病棟 / 1-3病棟 /  1-4病棟 /  3-1病棟 /  3-2病棟 /  2-1病棟 /  5病棟

 

病棟機能 医療観察法病棟
病床数 33床


玄関


全景

5病棟では、医師、看護師、作業療法士、臨床心理技術者、精神保健福祉士等が対等の立場でチームを組み、個別治療計画を立案し手厚い専門スタッフの配置により多職種によるチーム医療を展開しています。患者さま自らが病気を理解し、病気への対応能力を会得し、退院後の生活に必要な技術や対人能力を身につけながらこれまでに生活していた地域への生活を目指し関係機関と充分な連携を取り社会復帰を支援しています。

豊富な人員配置(病床33床)

医師 4名
看護師 43名
作業療法士・臨床心理技術者・精神保健福祉士 計7名
事務職員 2名
警備員 1名

医療観察法の目的は以下のように定められています

多職種チームによる医療

  • 医師、看護師、作業療法士、臨床心理技術者、精神保健福祉士等が対等の立場でチームを組み、個別治療計画を立案し手厚い専門スタッフの配置により多職種によるチーム医療を行います。
  • 患者さま自らが病気を理解して、病気への対応能力を会得し、退院後の生活に必要な技術や対人能力を身につけるために、多様なリハビリテーションプログラムを対象者も参加して作り上げます。
  • 患者さまがこれまで生活していた地域への退院を目指します。入院初期から退院に向けて関係機関と充分な連携を行うことで、退院後の継続的な医療とケアにつないでいきます。

また、都道府県、市町村、といった自治体、精神保健福祉の関連機関や保護観察所などとの連携により専門的な医療サービスを提供し、入院対象者の社会復帰を支援します。