精神保健福祉支援室このページを印刷する - 精神保健福祉支援室

ソーシャルワーカーとは、病気や障害を生じる様々な生活上の不安や困りごとに対して支援を行う社会福祉の専門職です。とりわけ、精神科領域で働くソーシャルワーカーを精神科ソーシャルワーカー(PSW)といいます。
当院では精神保健福祉士の国家資格を有する以下のスタッフが、ご本人やご家族への支援にあたっています。

精神科ソーシャルワーカー(8名)

大歳 明子 大下 哲史 小林 麻美 奥崎 真理  
森野 杏子 田岡 史光 古川 涼子 近下 功  

よくある相談内容

  • 退院や社会復帰に関すること
  • 生活費や医療費などの経済的問題に関すること
  • 人付き合いに関すること
  • 日常生活に関すること
  • 福祉制度や社会資源に関すること
  • どこに相談すればいいのか分らないこと など

ソーシャルワーカーは、上記のような生活上の問題や困難に対し、「その人らしい生活の実現」を目指して、様々な制度やサービスを用いながら解決に向けて一緒に取り組んでいきます。
また、平成26年4月1日からの精神保健福祉法改正に伴い、医療保護入院をされている方には「退院後生活環境相談員」が選任されます。当院では、「退院後生活環境相談員」をソーシャルワーカーが担当しています。

時間予約制です。相談をご希望の方は、予め時間を予約してください。
電話による予約も受け付けています。
どうぞお気軽にご相談ください。

家族会

「賀茂精神医療センター患者家族会」(愛称 まつかぜ会)の事務局を担当しています。家族会活動として、定期総会、病棟別家族会、一泊研修会などを行なっています。