看護部教育・研修このページを印刷する - 看護部教育・研修

看護部教育理念

専門職業人として看護の専門性を追求し、主体的かつ継続的に質の高い看護実践と
社会人・組織人として豊かな人間性の構築を目指す看護師を育成する。

看護部基本方針

看護部教育方針

  1. 看護の質の維持、向上に貢献できる知識・技術・態度を習得する
  2. 専門分野での知識を習得し、行動化できる人材を育成する
  3. 組織の一員としての態度を養い、常に学ぶ姿勢を維持する
  4. 集合教育(OFF-JT)と職場内教育(OJT)を連動させ教育効果を高める
  5. 臨床看護研究などの取り組みを通じて論理的思考を養う
  6. 自立して考え、判断、行動できる看護力を育成する

賀茂精神医療センター教育研修体系

1 新人研修

対象者  新人看護師
到達目標  1.組織の一員としての自覚を持ち、責任のある行動ができる
 2.基本的看護技術が安全で確実に実践できる
 3.指導を受けながら、看護計画に沿った看護実践ができる
 4.指導を受けながら、受け持ち看護師としての役割が実践できる
 5.受け持ち患者の看護を通して、看護に必要な知識を深めることができる
 6.看護に必要な知識について、主体的に学習できる

 新人技術研修経口与薬  リフレッシュ研修
新人技術研修「経口与薬」            「リフレッシュ研修」

 

2 チャレンジラダー研修  ※キャリアアップ概念図

1)チャレンジラダーⅠ

対象者  レベルⅠの認定を目指す看護職員
到達目標  看護実践に必要な基本的能力を修得する

新人3ヶ月研修「多重課題対応のグループワーク」     
新人3ヶ月研修「多重課題対応のグループワーク」   

2)チャレンジラダーⅡ

対象者  レベルⅠの認定を受けた看護職員、レベルⅡの認定を目指す看護職員
到達目標  1.根拠に基づいた看護を実践する
 2.後輩と共に学習する

 

メンバーシップ研修

「メンバーシップ研修」

「倫理研修」

「倫理研修」


3)チャレンジラダーⅢ

対象者  レベルⅡの認定を受けた看護職員、レベルⅢの認定を目指す看護職員
到達目標  1.個別性を重視した看護を実践する
 2.看護実践者として、後輩に支援的役割を果たせる


「リーダーシップ研修」  後輩育成コーティング

「リーダーシップ研修」                「後輩育成コーチング」


4)チャレンジラダーⅣ

対象者  レベルⅢの認定を受けた看護職員、レベルⅣの認定を目指す看護職員
到達目標  1.後輩の学習を支援する
 2.チームリーダーとしての役割行動がとれる

 

ファシリテーションスキルを活用した演習

ファシリテーションスキルを活用した演習

SWOT分析Team STEPPS

「SWOT分析」                                                「Team  STEPPS」


5)チャレンジラダーⅤ

対象者  レベルⅣの認定を受けた看護職員、レベルⅤの認定を目指す看護職員
到達目標  専門性の発揮、管理・教育的役割モデルとなり、研究的に取り組む

 

 

3 看護研修

1)看護研究

対象者  看護職員
目標  臨床看護研究ができる能力を有し、看護を創造する


2)精神科専門分野研修(院内認定精神科看護師コース)

対象者  キャリアラダー認定レベルⅡ以上、看護師長の推薦者
目標  精神科領域における熟練した看護実践ならびに指導者として、
 必要な知識・技術を習得し、専門分野での役割モデルになる

3)看護を語る
 
対象者  看護職員
目標  看護専門職として、自信と誇りを持って看護を実践する動機づけにする

4)プリセプター研修

対象者  プリセプター
目標  1.プリセプター同士の意見交換を通し、今後の課題や取り組みが明確になり、
   新人看護師の効果的な指導に繋げる
 2.年間のプリセプターシップを振り返って、自己成長したことを実感でき、
   今後の課題を明確にする
 3.プリセプターシップを学び、新人教育におけるプリセプターの
   役割を理解する

5)フィジカルアセスメント研修

対象者  看護職員
目標  1.呼吸器のフィジカルアセスメントに必要な解剖生理や
   観察のポイントを理解する
 2.主な呼吸器疾患の病態を理解する
 3.呼吸不全の改善に対し、効果的な呼吸介助法を習得する
 4.循環器のフィジカルアセスメントに必要な解剖生理や
   観察のポイントを理解する
 5.主な循環器疾患の病態を理解する


4 業務技術員(看護補助者)研修

対象者  看護補助者
目標  1.看護補助者としての自覚を持つとともに、看護チームの中での
   役割を理解する
 2.看護師の指導の下で、看護補助者業務に必要な知識・技術・態度を学び、
   安全に実践できる